2008年10月16日

10月4日

IMG_3890.jpg




もう私の元には戻って来ないなんてまだ信じたくありません

いなくなった事を認めてしまう=死んでしまった事を認めてしまうことになるのが
辛くて。。。


いつかは来る別れ・・・


わかってるつもりだったけれど
これ程、早くシェイクとの別れが来るなんて思いもしなかった。。。

10月4日、日付けが次の日へと変わる前に逝きました

8歳11ヶ月の命でした 来月11月は誕生日でした


病名は急性の腸重積から腸閉塞になってしまったそうです
急に倒れ込んで
嘔吐、下痢、血便の症状が出だし
呼吸も荒くなり
この症状が現れて約20分後に息を引き取りました



土曜日のこの日は実家に預けていて
朝〜昼2時すぎまで普通にごはんを食べ
うんちもおしっこもして庭で元気に遊んでいたそうです

3時〜PM10時まで母が不在で
シェイクは留守番をしていたのですが
母が帰宅後、庭でおしっこをさせ家の中へ戻ってきた時
少し元気がないなと感じたそうです(後で思えばですが。。。)

PM11時前、特に何事も無く、そろそろ寝ようかと
シェイクに呼びかけ後をついてきて歩いていたら
突然、バッタリ倒れこんでしまい
慌てた母は私にすぐ連絡をくれ
すぐ私は駆けつけました

駆けつけた時は少し呼吸が荒いなと思う程度と
元気が無いなとの感じで
少し様子を見ようと思っていたのですが
突然嘔吐、下痢、血便が同時に始まり
ただ事ではないと思い
病院へ連絡をしましたが
土曜日の深夜帯では
電話も通じず、やむをえず名古屋市 大須にある夜間緊急病院に電話を
してみましたが高速使っても30分以上はかかるため
それよりはいつもの病院に何とか連絡をつけようと
試みていました

たまたま古い診察券に先生の携帯番号が書かれていたのを
旦那が思い出し電話をかけて状況を説明して
すぐ受け入れてくれるとの事で
信号無視して飛ばして搬送しましたが。。。


搬送中の車の中で息を引きとりました


目に見える症状が出てから20分程の出来事でした

病院で死亡が確認され
説明を受けましたが上の空で。。。



先生が言うにはもしかしたら
朝から少し何らかの兆候があったかもしれない
けれど口が利けないから
わかりにくいだろうと。。。
何らかの症状が早く出ていればよかったかもと・・・
この場合はどうしようも無いことだと言われました

口が利ければお腹が変だとか少し痛いとか言えるのに




もし、もう少し早く病院との連絡がついてたらなんとかなっていたんだろうか・・・

もし、もっと症状が早く出ていたら気づいて病院に行けたら助かってたんじゃないのか・・・

もし、預けずに私が見ていたらどうだったんだろうか・・・

全てが悔やまれます




嘔吐と荒い呼吸でグッタリしたシェイクを膝に抱えてさすりながら
名前を呼び続けました

シェイクは
1度だけ顔を上げ私を見つめました。。。


今思うと
これがシェイクから私への最後の別れの挨拶でした。。。


それまで目が灰色に曇っていたのに
顔を上げて私を見たら元のきれいな黒い瞳に戻りました
それを見て少し安心したのも一瞬、
激しい呼吸と嘔吐が再度始まり・・・


苦しいのに最後の気力で首を上げ私を一目見ようと・・・


大好きだった私の顔を見て最後の別れの挨拶を
したんだと思います


私が駆けつけるのを待ってくれていたんだと思うと
やりきれない思いです


今は悲しみしかありません
安らかに眠ってほしいとか冥福を祈る気持ちには
まだなれません


あまりにも急で どうシェイクの死と向き合っていいのか
頭が拒否しています
現実を受け入れるようになるまで
暫くかかりそうです


シェイクに似たダックスちゃんを見かけても直視出来ず
悔やむ思いだけが押し寄せてきます


私のことが大好きだったシェイク。。。
どこへ行くにも後をついてきて
ノーリードで散歩ができるほど従順な
聞き分けの良い優しい子でした


病気も生まれてから1度もせず
今夏、初めて夏バテで薬を飲んだ位の病気知らずでした
半年前の健康診断でも異常無しの結果で安心していたのに


琥珀、こころが我が家に来てからは
ますます元気になり今までオモチャに興味もなかったくせに
同じように遊ぶようになりました
声も以前より大きくなり
散歩に行くとなると1番大騒ぎをしてました


私が座ると必ず真っ先に膝に座りに来て満足そうな顔で私を見上げてました



もう少し長くいさせてほしかった。。。



今も時々、シェイクの元気な声が聞こえてくるような気がして



3ワンで並んで歩く散歩も ごはんもおやつも3つなのも
当たり前だった風景。。。

3ワン並んで歩けないのも ごはんもおやつも3つじゃないのも。。。

リードも洋服もベッドも好きだったおやつも
もう使う事は無いんだと・・・



以前から息子の名前とシェイクをうっかり間違えて呼んだりしてたので
今もつい、うっかり息子にシェイク!・・・と
呼んでしまいます

私にとってシェイクは特別な思いがある大切な子でした




別れの日、暫くは棺から離れられず冷たくなったシェイクに

ごめんね・・・
しか言えませんでした


精一杯のお花を体中に飾って
好きだったおやつを口のそばに置いてあげることしか
出来なかった・・・
泣くことしか出来なかった・・・



ご供養してお骨を見せてもらいました
言葉にならず 涙が止まりませんでした
ただ泣くことしかできませんでした



人間と同じで四十九日まではこちらの世界に魂は
いるとの話だから

シェイク!お母さんが悲しがったりしたら
心配するかもしれないけれど
存分に泣いて悲しがってもいいよね?
やっぱり我慢できそうもないよ・・・


いないのを認めるのには時間かかるよ


四十九日、もう一度お骨を供養して
本当の別れになってしまうけど

顔上げて見れないと思う・・・

けど
会いに行くからね






シェイクとの思い出があるのでこのブログは残したままにしておきます


ニックネーム ここゆみ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

しばらくお休みします



シェイクが急逝しました。

突然のことで言葉もありません

ブログはしばらくお休みします

コメント頂いてもお返事は出来そうもありません

また気持ちが前向きになったら再開しようと思います

オフ会の皆さん
今回は欠席させていただきます
せっかく日をあわせて頂いたのにすみません

ニックネーム ここゆみ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする